縦割り保育(通称は動物園)

0
    当初からわんぱく保育園が標榜していた縦割り保育、9月からはなんと全員参加型の動物園という形で毎週木曜日に1時間実施しています。0歳児から年長までが一つの家族になり同じ空間で生活をします。チームは10チーム編成、1チーム6人〜8人、らいおん組・あるぱか組・うさぎ組・しまうま組・ぞう組・ぱんだ組・こあら組・ぺんぎん組・きりん組・かば組です。この縦割り保育を「動物園」と呼んでいます、兄弟姉妹になれる空間です。
    少子化によって子どもたちが異年齢の子ども同士とかかわることが少ない現代において、縦割り保育は多様な仲間関係や自我の発達にプラスになり、異年齢保育活動を通して子どもの拠点となる居場所が広がり、多くの先生との関わりも広げられます。
    上の子は下の子に対して優しく対応することを通して、自信につながり、年上としての自覚が持てるようになり、下の子は年上の子に対して憧れや目標を持ち真似をしようとする。
    わんぱく保育園は一つ屋根の下で暮らす大家族であります、兄弟はケンカもします、ときには悪さもします、わんぱくがいいんじゃないんですか、そんな保育園も。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM