保育環境改善プロジェクト

0

    子どもたちに落ち着きがないように感じると同時に充実した保育環境が作れないかという思いが、保育環境改善プロジェクトを本年1月から敢行するに至りました。(社)日本知育玩具協会理事長 藤田篤先生の指導の下で3年計画プロジェクト、まずは、子どもたちの豊かな成長、豊かな保育のために必要な、発達に沿った良質なおもちゃ木のおもちゃを大量に購入し知育玩具を各クラスに配置することから。流石に高額出費でしたので理事会承認にも手間取り、一抹の不安を感じながらもポジティブに考えての決断。

    たかがおもちゃ、されどおもちゃって感じですね、乳児や幼児にとっての魔法のようなものみたいです。

    以下、知育玩具の記事に書いてあったので紹介します。

    こどもは、遊ぶことを通して、「社会性」「集中力」「考える力」「想像力」「冒険心」様々なことを身につけます。

    例えば、友達と一緒に行うままごと遊びのような「ごっこ遊び」を通して「社会性」を身につけます。

    集中」して、積み木を高く高く積み上げ、どうすれば崩れずに積むことができるかを「考え」ます。

    想像」しながら絵を描いたり塗り絵をします。

    草むらに入ると何があるか「冒険」したくなります。

    また、年齢とともにお友達や兄弟姉妹と一緒に遊ぶことで、「互いを思いやり」「ともに何かを成し遂げ」「会話」をし、「コミュニケーション能力」も身につけていきます。

    このように、こどもにとって、成長とともに育まれる知的好奇心を満たす重要な役割を果たしてくれるのが、おもちゃです。

    こどもにとって、おもちゃが重要だということがお分かりいただけるでしょうか。

    ちなみにおもちゃのベスト4は、積み木、ままごとセット、お人形・ぬいぐるみ、木製レールセットです。

    積み木は、木のぬくもりや重厚感は手に触れた感覚からも子どもの脳に働きかける。

    おままごと遊びを通して、子どもたちは自分たちの想像力をフルに働かせて、大人の真似事をしています。

    お人形・ぬいぐるみを持つことで、安心感を抱くとともに、お世話することを通して優しさや心遣いも身につけていきます。

    以上、知育玩具を通しての保育がいかに大切かを書いてみました、取り敢えず玩具はどこの保育園にも負けない環境ができました。

    知育玩具は置くだけではだめで、しっかりとした動機付けと提供方法も研修で学び、まずは保育士が楽しむこと、そのための研修ががっつりあり、日本知育玩具協会のモデル園として、おもちゃでも子どもを育てるという方針です。

    わんぱくの真骨頂であるあおぞら保育と空手とのリンクで、保育指針にある10の姿を目指します。

     

     

     


    コメント
    コメントする