日本丸とわんぱく丸

0

    昨日ももたろ組の二人とみわ先生の4人で、日本丸寄港歓迎式典に参加しました。
    「日本の海の王者にふさわしい船にしたい」という我が国の海運に寄せる期待を込めて「日本丸」と命名され、また、太平洋の白鳥ともいわれている日本丸を生で見れ、甲板も見学できたことは幸せなことですね、良い体験でした。
    大海原を航海する旅は最高に夢を見れ、風情もあり、子どもには一番お勧めですね。
    保育園事務室においてある模型の帆船は、イギリスの快速帆船「カティーサーク」、この模型をもじって「わんぱく丸」と開園前に命名した。この保育業界はまさに見知らぬ大海原、わんぱく丸は、志ある仲間と力を結集し、セイルドリルも全員で、甲板掃除も全員でという精神のチームをスローガンにしたが、まだ湾内に停留しています。開園式で保育業界に嵐をふかせると豪語したが悪戦苦闘である。わんぱく丸がセウォル号にならないためにも体力と知識の涵養が急務、保育園は大きなお家、職員も園児もみんな家族、ここは生活を共にするところ。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM