天変地異

0

    4月更新から3ケ月以上もブログを空けてしまい失礼しました、4年目に向けての気合が空回りのような時でしたので発信を躊躇してしまいました。子ども視点からのずれを感じながら悶々としての日々で日本一が虚しい言葉になりかけてます.....

    そんな最中、西日本の大規模な自然災害が起こり、観測史上例のない猛暑の連続、熱中症対策が叫ばれ、一昨日の台風も伊勢湾台風の再来かもとういう危機感を覚えました。このエリアも地震、津波はいつ来てもおかしくないです、天変地異に見舞われるのは時間の問題と感じてます。だからこそ最大の準備だけは欠かせません、保存食、保存水の追加、簡易トイレの購入、避難・情報・連絡等災害時の初動作を万全に徹底することが肝心です。

    わんぱくは防災に強いと公言してきましたから緊張感も強く感じてます、大災害に見舞われたら保育どころではありません、命を守ることが最優先事項です、最新の知識と体力は必須アイテムであることを肝に命じ訓練を実施し、保育園の使命を全うしなければなりません。絶対に命を守る、わんぱく保育園に入れて良かったと言われたいですね、せめて日本一安全な保育園でありたいと思います。


    新年度スタート

    0

      先週の土曜日に4回目の入園式を行い、3年という歳月をしみじみと回顧しました。長江の座右の銘にもある「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす」の言葉通り、3年の歳月が千日にあたり、本当の意味でのスタートラインに立った思いであります。もう失敗は許されないというプレッシャーを犇々と感じております。

      保育所保育指針も改訂され、まさに、わんぱく到来の感があり、一気にダッシュをかけるタイミングかなとも思っております。

      チーム保育のツールとして初年から導入した職員空手部もやっと定着し、わんぱくの礎になり、良い流れを作っています。次はわんぱくの代名詞の雑巾がけの日常化ですね。お寺の本堂にも負けないくらい磨きこみたいですね、とくに縁側は。雑巾がけをさせることを大前提にこだわりの天然木ジャワ材を使用しました、雑巾がけは最高のファンクショナルトレーニングにもなり、園児にも必要なものと思います。そして、更なる飛躍をするために職員空手部の朝稽古、半分博打のような行為です、毎週月曜日の早朝に結集し、一週間の良い流れと人格陶冶を作ること、喝を入れます。6:45にはいます、強制ではなく自分の意志で来れるかが大事なこと、未来を大きく占う朝空手と雑巾がけ、乞うご期待を。


      職員紹介動画です。

      0

        一般公開前です、来月になったらトップページにアップします。


        第1回わんぱく運動発表会

        0

          一昨日の24日(土)、今年度の集大成とも言える最大イベント「運動発表会」が無事成功理で終え、安堵と未来に対しての希望を覚えた一日になりました。1丁目5番地にあげた「劇団ももたろう」が3年以内に発足できたことは喜ばしい限りであります。職員の和と団結の片鱗が見えた瞬間でもありました。ただでさえ忙しい保育業務に加え、週2回のクラブ活動(空手)、そして演劇の練習と日々頑張っている姿はまさに「わんぱく保育園」の目指す姿です。今回の演劇は、「チームわんぱく」誕生近しの前兆です。

          イベントは目的でも目標でもありません、ももたろうを育てるための手段であり方法です、保育園が地域と交流できる場でもあるというスタンスでとらえています。

          開園当初より、自らが船頭を取り志し高く、はだし保育・あおぞら保育・和食給食・わんぱく塾などを旗に掲げわんぱく丸を出航させましたが、やっと伊勢湾からでたかなという思いであります。しかし、わんぱく丸を出航させた以上、挑戦の手を緩めることはできません。この福春地区からわんぱく保育園を通し、正義感あふれ知力・体力・気力みなぎり、和を重んじることの出来るももたろうを生み出すことで、地域貢献、社会貢献できるものと信じ、職員と子どもたちとで日本一の保育園を築いていきます。


          感無量

          0

            昨日、愛知県防具付空手道選手権大会のキッズの部で、準優勝と第3位にわんぱく保育園が入賞したことと、職員が仕事を超えた領域(大会スタッフ)に至ったことは、まさに、わんぱく保育園が目指す姿でした。保育園の子どもたちが家族のように思えたからできる行為です。11月の志段味スポーツランドでの大会では、たくさんの園児と生徒、職員が出場し、保護者の皆様や職員の応援も多かった、感動もありましたが、今回は本当に少なかったけどほのぼのとした気持ちで感無量でした。

            「わんぱくは大きなお家でありたい」が常日頃からの口癖であり、その姿に近づいている感がありますね。おさるさん組から早3年の二人の園児に拍手です、格好いい試合と礼法も良かったですね。

            2018年の1月8日(祝)には、内海で職員研修と新年会も開催できたりして、着実に「わんぱくLOVE」が育まれています、働く場所から居場所に変わりつつあると感じますね、来年は一泊で旅行ができたらと思います。その時が「チームわんぱく」の誕生の瞬間です、裸の付き合いまで行き着きたいですね、寝食共にが重要です。ももたろう組の成長のきっかけが、4月の中津川お泊り保育でありました。寝食を共にしたからチームももたろうのができたと思ってます。空手が子どもたちと職員を繋げ、成長させてるツールであることは間違いないです。

            来週の運動発表会は、保育園一番のイベントになると思います、ももたろうの完成形がどこまで見せれるかな?期待と不安が交差してます。一年ごとに感無量が大きくなっていきますね。


            | 1/9PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>

            categories

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM